業務用菓子材料の関連情報~桜もちの豆知識

桜もちの起源

現在でも愛されている桜もちが誕生したのは、江戸時代にさかのぼります。

向島・長命寺の門番をしていた山本新六という人物が、隅田川の桜の落ち葉を毎日毎日掃除しながら、「もったいないなあ・・・」「何かに利用出来ないかなあ」と考え、やがて「もちを塩漬けにした桜の葉で包む」というアイデアを思いつきました。

それを長命寺の門前で売り出したところ、その頃から桜の名所であった隅田川沿いにおいて、花見の時など多くの人々に喜ばれ、大人気のお菓子となりました。

桜もちの特徴

桜の葉で包むことによって、桜の香りを楽しむことが出来るだけでなく、塩味があんの甘さを引き立ててくれます。

また、桜の葉を塩漬けすることによって、抗菌作用のあるクマリンという成分が生成され保存状態もよくなるのです。
桜の葉を取り外して食べても、巻いたまま食べてもかまいません。

桜の季節に、花を楽しみながら食べるのはもちろん、桜が咲いていない季節でも、花の香りで春の気分を味わうことが出来る桜もち。
浅草にお越しの際には、是非味わっていただきたいと思います。

丸千の菓子材料

丸千では、様々な菓子材料を取り扱っております。常に最新情報を仕入れ、自信を持っておすすめする商品ばかりですので、菓子材料をお求めの際は、是非ご相談ください。

丸千の菓子材料商品一覧ページへ

菓子材料(業務用)についてのお問い合わせ

米、小麦粉、卵、調味料など食材の仕入れに関するご相談、その他当社へのご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

総合食材問屋 株式会社 丸千(マルセン)

このページのトップへ

お知らせ

マルセン 売り切れ御免 特売情報

餅・米飯の製造卸 株式会社 もちや

もち・冷凍米飯・おかゆ/雑炊のOME・商品開発は「株式会社もちや」をご利用ください。